1. TOP
  2. 英会話の練習法
  3. 英単語
  4. yearly・annual・decadeの意味の違いを例文を用いて解説

yearly・annual・decadeの意味の違いを例文を用いて解説

 2019/02/28 英単語
この記事は約 3 分で読めます。 81 Views
yearly・annual・decadeの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
yearly・annual・decadeの違いと
使い方を例文を用いて解説します。

yearlyの意味と使い方

yearlyの意味は「1年に1回の」で、
日本語に訳す時は「毎年」となります。

そして、yearlyは副詞なので、
動詞を修飾します。

 

以下はyearlyを用いた例文ですが、

I pay the membership fee yearly.
「私は、毎年その会費を払います。」

 

1年に1回、その会費を払っている
ということを表します。

 

monthlyは「毎月」という意味で、
その会費を月々払っている場合は
以下のようになります。

I pay the membership fee monthly.
「私は、毎月その会費を払います。」

 

annualの意味と使い方

annualは「1年の」という意味で、
形容詞なので名詞を修飾します

 

以下はannualを用いた例文ですが、

His annual income is about ten million yen.
「彼の年収は、約1000万円です。」

 

annual incomeの部分は「1年の」
→「収入」と、形容詞のannualが
名詞のincomeを修飾しています。

 

annuallyはannualの副詞で、
上で解説したyearlyと同じ「毎年」
という意味になります。

 

そして、annuallyは「年1回ずつ」
という意味を表すので、yearlyの
ところで解説した以下の例文は、

I pay the membership fee yearly.
「私は、毎年その会費を払います。」

 

以下のように言うこともできます。

I pay the membership fee annually.
「私は、毎年その会費を払います。」

 

decadeの意味と使い方

decadeは「10年間」という意味で、
decadeは名詞になります。

 

以下はdecadeを用いた例文ですが、

He worked as a engineer for a decade.
「彼は、10年間エンジニアとして働いた。」

 

for a decadeの部分は以下のように
for ten yearsでも同じ意味になります。

He worked as a engineer for ten years.
「彼は、10年間エンジニアとして働いた。」

 

まとめ

yearly・annual・decadeの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

say・tell・talk・speakの
違いを例文を用いて解説

\ SNSでシェアしよう! /

英語と英会話上達法の注目記事を受け取ろう

yearly・annual・decadeの違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語と英会話上達法の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • vast・wide・broadの意味の違いを例文を用いて解説

  • big・large・huge・enormousの意味の違いを例文を用いて解説

  • result・outcome・consequenceの違いを例文を用いて解説

  • drop inとdrop byの違いとstop in・stop byの意味を解説

  • fire・dismiss・lay off・dischargeの意味の違いと使い方

  • break・destroy・ruin・demolishの違いを例文を用いて解説