怖いを英語で!afraid・scared・terrified・frightenedの違い

afraid・scared・terrified・frightenedの違い

英語で「怖い」を表すafraid・
scared・terrified・frightenedは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
afraid・scared・terrified・frightened・
horrified・fearfulの違いと使い方
について例文を用いて解説します。

afraidとscaredの違い

afraidは、何かに対する恐怖や
不安や心配があって「怖い」と
幅広く用いられます。

これに対し、scaredの「怖い」は、
何かにビクビク怯えている怖さや
恐怖を表します。

afraidとscaredの違い

 

afraidとscaredの発音は、
それぞれ以下になります。

・afraid

・scared

 

それでは、以下に例文を用いて
afraidとscaredの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

afraidの例文と使い方

以下はafraidを用いた例文ですが、

I’m afraid of roller coasters.
「私は、ジェットコースターが怖い。」

I’m afraid of ~ で「~が怖い」
という意味になります。

 

そして、I’m afraid ofの後ろには
名詞が置かれます。

よって、ofの後ろに動作を入れる時は
以下のように動名詞になります。

I’m afraid of telling the truth to her.
「私は、彼女に真実を告げるのが怖い。」

 

また、以下の例文のように、

He’s afraid(that)he may be scolded by his father.
「彼は、父親に叱られるかもしれない
ということを恐れている。」

I’m afraid that ~ は「~ということを
恐れている(怖い)」という意味になり、
~には文章(節)が置かれます。

 

このように、afraidは何かに対する
恐怖や不安や心配があって「怖い」、
「恐れている」と幅広く用いられます。

 

scaredの例文と使い方

以下はscaredを用いた例文ですが、

I’m scared of telling the truth to her.
「私は、彼女に真実を告げるのが怖い。」

scaredを用いると、私が彼女に
真実を告げることに対してビクビク
怯えている感じを表します。

 

以下のように、scaredの代わりに
afraidを用いると怯える感じはなく、
ただ怖いという感じになります。

I’m afraid of telling the truth to her.

 

be afraid of ~ と同じく、
be scared of ~ は「~が怖い」
という意味になり、~には
名詞や動名詞が置かれます。

She’s scared of darkness.
「彼女は、暗闇が怖い。」

 

また、be scared to+動詞の原形で、
「~するのが怖い(恐ろしい)」
という意味になります。

I was scared to cross the suspension bridge.
「私は、そのつり橋を渡るのが怖かった。」

 

このように、scaredを用いると
つり橋を渡るのが怖くてビクビク
している感じを表します。

そして、scaredより怖い時には
以下の2つを用います。

 

terrifiedとfrightenedの違い

terrifiedとfrightenedは、
「怯えた」「恐れた」
という意味の形容詞で、

それぞれbe terrifiedと
be frightenedで「怖い」「怯えている」
という意味になります。

 

そして、afraidやscaredより
恐怖を感じていることを表し、
be frightenedよりbe terrified
のほうが強い意味になります。

terrifiedとfrightenedの違い

 

terrifiedとfrightenedの発音は、
それぞれ以下になります。

・terrified

・frightened

 

それでは、以下に例文を用いて
be terrifiedとbe frightenedの違いと
使い方について詳しくみていきます。

 

terrifiedの例文と使い方

以下はterrifiedを用いた例文ですが、

The children are terrified of ghosts.
「その子供達は、幽霊を恐れている。」

子供達が幽霊をすごく怖いと思っている
ということを表します。

 

frightenedの例文と使い方

以下はterrifiedを用いた例文ですが、

The children are frightened of a haunted house.
「その子供達は、お化け屋敷を恐れている。」

子供達がお化け屋敷をすごく怖いと
思っていることを表します。

 

be terrifiedのほうが
be frightenedより怖い感じを表すので、

上の2つの例文を比較すると、
子供達はお化け屋敷より幽霊のほうを
怖いと思っていることになります。

 

terrifiedより怖いhorrified

be horrifiedは「怖気づく」という意味で、
be terrifiedより怖い場合に用います。

 

以下はbe horrifiedを用いた例文ですが、

The children are horrified of ghosts.
「その子供達は、幽霊に怖気づいている。」

 

以下のbe terrifiedを用いた例文より
幽霊を怖がっている感じを表します。

The children are terrified of ghosts.

 

horrifiedの発音は、以下になります。

 

afraidとfearfulの違い

fearfulは「ぞっとするような」
という意味もあることから、
「恐ろしい」「ものすごく怖い」
という意味があります。

 

afraidと同じように幅広く
用いることができますが、
fearfulはafraidより恐怖を
感じていることを表します。

 

fearfulの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
afraidとの違いと合わせてfearfulの
使い方について詳しくみていきます。

 

fearfulの例文と使い方

以下はfearfulを用いた例文ですが、

He’s fearful of the accident.
「彼は、その事件を恐れている。」

彼がその事件のことをものすごく
怖がっていることを表します。

 

be fearful of ~ で、
「~を恐れている」という
意味になります。

~には名詞や動名詞が入ります。

 

そして、fearfulを用いると、
以下のafraidを用いた文より
怖い感じを表します。

He’s afraid of the accident.
「彼は、その事件が怖い。」

 

以下のように、be fearful that ~
で「~ということを恐れている」
という意味になります。

He’s fearful that the accident may happen near his house.
「彼は、その事件が家の近くで起こる
かもしれないというこを恐れている。」

 

be fearful that ~ の~には、
文章(節)が入ります。

 

また、fearfulは以下のように、
名詞の前に付けて名詞を修飾
することもあります。

A fearful accident happened yesterday.
「昨日、恐ろしい事件が起きた。」

 

この文のfearfulは、
「恐ろしい」→「事件」と
後ろのaccidentを修飾しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、afraid・scared・
terrified・frightened・horrified・fearful
の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート