英語の流しっぱなし&聞き流しはリスニング上達に効果なし

英語の流しっぱなし

英語のCDやラジオを
流しっぱなしにして聞き流していると
リスニングは上達するのか?

 

実際に、私が英語のニュースと
リスニング教材を聞き流しをした時の
効果を紹介します。

また、英語の聞き流しの効果について
脳科学的な観点からも解説しています

英語ニュースを聞き流した効果

私は英会話を習得したいと思い、
大学3年生の時に英会話学校に
通い始めました。

 

そこで、アメリカ人の先生から
英語のニュースを流しっぱなしにして
聞き流していれば初心者でも3ヶ月で
英語を聞き取れるようになると言われ、

家にいる時はラジオをつけて
英語のニュースを流しっぱなしにして
聞き流していました。

英語ニュースの流しっぱなし

 

そして、毎日1時間以上、約1年間
英語のニュースを聞き流していましたが
リスニングの上達は感じませんでした。

 

さすがに英語のニュースは難しいから
初心者が聞き流しても効果はないと思い、

今度は聞き流しているだけで、
TOEICスコアが800点台までアップする
という教材を購入しました。

 

リスニング教材を聞き流した効果

社会人になり、IT系企業で残業も多く、
夜遅くに家に帰ると疲れて寝てしまい
英会話の練習ができなくなったので、

聞き流していると英語のリスニングが
上達するというリスニング教材を購入し、
通勤時間に毎日聞き流してみました。

 

教材のホームページには6枚のCDを
6回以上聞き流すとTOEICが800点台
までアップすると記載してあったので、
信じてひたすら聞き流していました。

そして、1年後にTOEIC試験を受けたら、
TOEIC600点台だったのが600点台のままで
全く効果が得られませんでした…。

リスニング教材の流しっぱなし

 

この時は、脳のことを知らなかったので
聞き流しで効果が得られると信じましたが、

その後、脳科学を学ぶ機会があり、
大人は脳の特性上聞き流しは効果が出ない
ということが分かりました。

 

もっと早く知っていれば…と思いました。

 

脳科学的に聞き流しは効果がない

英語のニュースやリスニング教材で
聞き流しをして効果が得られなかった後、

5年位経って仕事で脳科学を学んだ時に
大人の脳は英語を聞き流しても理解できる
ようにならないことが分かりました

 

私達は五感を通して情報を取り入れますが、

何かを見ている時には視覚と脳というように
1度に1つの感覚神経しか脳と繋がらないので、

視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という
五感からの情報を同時に全て脳に取り入れる
ことができません。

 

これより、日本語の新聞を読んでいる時に
英語を流しっぱなしにして聞き流しても、

新聞を見ている間は記事情報だけが脳に届き
耳からの英語の音は脳に届かないのです

 

耳に意識を集中した時だけは
聞いている英語の情報が脳に届きますが、

これだと意味の分からない英語の文章を
途切れ途切れ断片的に聞いているだけなので
リスニングは上達しません。

 

ここまでは一般的な脳の特性ですが、
ここからは大人が聞き流しで英語を話せる
ようにならない理由になります。

流しっぱなしは大人に効果なし

 

まず、聞き流しで言語を覚えるのは
右脳しか動いていない3才位までで、

左脳が発達しきる13才以降は聞き流しで
言語を覚えることができなくなります。

 

赤ちゃんのように聞き流しているだけで
口から英語が飛び出すようになるという
宣伝で販売されていた教材がありますが、

その教材を使って英語を話せるようになった
方に出会ったことがありません。

 

生まれてから3才位までは
右脳しか動いていないため、

聞き流していると口から英語が飛び出す
というのは赤ちゃんなら可能です。

 

しかし、赤ちゃんは1日5分ではなく、
両親の会話やテレビから聞こえてくる声など、

日本語を1日中聞き流して「パパ」や「ママ」
とやっと単語を言えるようになる程度です。

文章をスラスラ言えるようにはなりません…。

 

そして、大人が聞き流しているだけで
英語を話せるようになるのは脳の特性上、
不可能であることが分かっています。

 

私が英会話を教えていると生徒さんからよく
聞き流しは効果があるのかと聞かれたので、

ある聞き流し教材の会社に電話で確認したら
以下のように言われました…。

「当社の教材は聞き流して
英語を話せるようになる物ではなく、
初心者が英語に慣れるための教材です。」

 

脳科学の研究が進んで大人は聞き流しで
英語を話せるようにならないことが分かり、

以前、聞き流しを強調して宣伝していた
この教材も今は宣伝方法を変えています…。

 

聞き流し教材を販売している会社の社員が
聞き流しで英語を話せるようにならない

言っていたり、宣伝方法を変えているので、

聞き流しが効果がないのは明らかです

 

聞き流しの効果を得るタイミング

これまでお伝えしてきたように、
最初から聞き流しをしても基本的に
リスニングの上達に効果がありません。

 

しかし、聞き流しの効果が得られる
タイミングが1つだけあります。

それは、集中してリスニングをして
完全に聞き取れるようになった英文を
復習で聞き流すと効果が得られます。

流しっぱなしの効果を得る方法

 

日本語を習得している私達は、

他のことをしながら日本語のラジオや
テレビを流しっぱなしにしている時に

ある程度内容を理解できるのと同じで
完全に理解できるようになった英語を
聞き流すのは復習には効果的です。

 

日本語と英語はスピードだけでなく、
音域やリズムも違います。

よって、理解できた英文を聞き流すと
復習になるだけでなく英語のスピード、
音域、リズムに脳が慣れていくため、

英語のリスニング上達にプラスアルファ
の効果が得られます。

 

ただ、練習して理解できるようになった
英文の聞き流しのみ効果があります。

よって、最初は集中して英文を聞き取る
リスニングの練習が必要です。

その時のポイントを以下に解説します。

 

大人向け英語のリスニング上達法

左脳が発達しきる13位からは、
論理的に物事を理解して覚える
ように脳が変わります。

 

そこて、中学生位からは英文法を学んで
それを使って英文を組み立てて話す練習
をすると早くスピーキングが上達します。

リスニングも英語をただ聞くのではなく、
英文の意味を理解してから集中して聞く
練習を繰り返し行う必要があります。

 

まず、題材を選んで英文と意味を確認し、
その英文を見ながら音声を集中して聞く
というように練習を繰り返します。

大人向け英語のリスニング上達法

 

そして、英文を見ながら聞いてある程度
聞き取れるになったら英文を見ないで聴き、

聞き取れない所があったらもう一度
英文を見ながら聞くということを繰り返し、

英文を見ないで聞いて9割程度理解できる
ようになるまでこの練習を繰り返します。

 

そして、9割位理解できるようになったら
次の英文に進み同じ練習をします。

このように、リスニングを上達させるには、
スポーツと同じで毎日練習を続けることが
必要になります。

 

そこで、毎日楽しく続けられる題材選びも
非常に重要になります。

 

脳科学的に継続しやすい題材とは

英語のリスニングを上達させるには
正しい方法で行うことも大切ですが、
継続することも大事です。

しかし、意志の力で続けようと思っても、
3日坊主になってしまうという方も多い
かもしれません。

 

そこで、脳の特性に沿って続けたくなる
題材を選ぶことで継続しやすくなります。

 

人間には「痛みを避けて快楽を得る」
という行動原理があるので、

つまらないと思えば痛みになり避け、
楽しいと思えば快楽になり続けたいと
無意識に思うようになっています。

 

世の中にはリスニング力はアップすると
宣伝された高額教材がたくさんありますが、
続けられないのは楽しくないからです。

そこで、継続するために自分が楽しい
と思う題材を選ぶことがポイントです。

リスニングの練習を続けやすい教材

 

脳は感情とセットでインプットされた
情報は1回で記憶することがある
ので、

楽しいと感じる題材でリスニングの
練習をすると感情が動きやすくなるため
英単語を効率よく覚えることができます

 

しかし、難しいと感じると痛みになり
練習を続けるのが嫌になりやすいので、

自分のレベルに合うものを選ぶことも
大切なポイントになります。

 

よって、いくらディズニーが好きでも
映画から始めてしまうと難しすぎて
続けるのが嫌になる可能性が高いので、

英語のアニメやCD付き絵本など、
自分のレベルに合っていて楽しいと思う
題材を選ぶようにしましょう。

 

最近では、日本のアニメ、ドラマ、
映画の英語版をYoutubeで無料で観れたり、
英語のCDが付いているディズニーの絵本が
100円ショップで売られたりしています。

よって、お金をかけずにリスニングの練習
をすることができるので利用しましょう。

 

以下のサイトも無料登録するだけで
1万本以上の動画を観ることができ、

動画が初級・中級・上級にレベル別と
10以上のジャンル分けされているので
リスニングの練習にお勧めです。

 

リスニングを上達させるための動画の
効果的な使い方も解説していますので、
参考にして下さい☆