barely・hardly・scarcelyの違い!英語でほとんど~ないの覚え方

barely・hardly・scarcelyの違い

関連した英単語をセットで覚えるのが、
脳科学的に記憶しやすい覚え方
です。

そこで、「ほとんど~ない」と似た意味を
持っているbarely・hardly・scarcelyの違い
と使い方
について例文を用いて解説します。

barely・hardly・scarcelyの違い

barely・hardly・scarcelyは
3つとも「ほとんど~ない」
という意味を持っていますが、
以下のような違いがあります。

 

まず、barelyは「ほとんどできない」
という意味から「かろうじて~」や
「わずかに~」「やっと~」という
意味で用いられます。

 

hardlyとscarcelyは、
「ほとんど~ない」という意味で
notを用いた否定より弱い否定を表します

 

ただ、scarcelyのほうがhardlyより強く、
硬い感じになるので文語(書き言葉)で
scarcelyはよく用いられます

逆に、hardlyは口語(話し言葉)で
よく用いられます

 

barely・hardly・scarcelyの発音は、
それぞれ以下になります。

・barely

・hardly

・scarcely

 

それでは、以下に例文を用いて
barely・hardly・scarcelyの違いと
使い方についてみていきます。

 

barelyの例文と使い方

以下はbarelyを用いた例文ですが、

He barely passed the exam.
「彼は、かろうじてその試験に合格した。」

「ほとんどできない」という意味から
barelyは「かろうじて~する(した)」
という意味で用いられます。

barelyの例文と使い方

 

また、以下の例文のように、

I can barely see it from here.
「私は、ここからわずかにそれを見ることができます。」

They barely arrived there.
「彼らは、やっとそこへ到着した。」

barelyは「わずかに~」「やっと~」
という意味でも用いられます。

 

副詞のbarelyを置く位置ですが、
上の例文のように一般動詞の前、
助動詞の後ろになります

また、以下のようにbarelyは
be動詞の後ろに置かれます

He is barely standing on it.
「彼は、かろうじてその上に立っている。」

 

hardlyとscarcelyの例文と使い方

以下はhardlyを用いた例文で、

He hardly catches a cold.
「彼は、ほとんど風邪をひかない。」

hardlyは「ほとんど~ない」という意味で
一般動詞の前に置いて用いられます

 

以下の例文のように、

He scarcely catches a cold.
「彼は、ほとんど風邪をひかない。」

hardlyをscarcelyに置き換えても
同じ意味になります。

 

ただ、scarcelyのほうがhardlyより
意味が強く、硬い感じになるので
文語でよく用いられます

hardlyは、口語でよく用いられます

 

そして、以下の例文のように、

She can hardly cook.
She can scarcely cook.
「彼女は、ほとんど料理ができない。」

助動詞がある時はhardlyとscarcelyを
助動詞の後ろに置きます

 

また、「ほとんど~ない」という
意味のhardlyとscarcelyにeverを付けて
hardly everやscarcely everとしても、

以下の例文のように「めったに~ない」
という意味になります。

He hardly ever come here.
He scarcely ever come here.
「彼は、めったにここへ来ません。」

 

「めったに~ない」という意味の
rarelyとseldomの違いと使い方は、
以下で詳しく解説しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、barely・hardly・scarcelyの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート