firm・company・corporation・enterpriseの違い!会社を英語で

firm・company・corporation・enterpriseの違い

英語で「会社」という意味を持つfirm・
company・corporation・enterpriseは、
それぞれ以下のような違いがあります。

  • company:一般的な「会社」
  • firm:専門家による共同経営の「会社」
  • corporation:法人化された大きな「会社」
  • enterprise:抽象的な概念での「企業・会社」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
firm・company・corporation・
enterpriseの違いと使い方
について
例文を用いて解説します。

firm・company・corporationの違い

companyは一般的な「会社」を表し、
規模の大小問わず幅広く用いられます。

 

そして、companyが従業員が集まり
1つの会社を作っているのに対して、

firmは弁護士のように独立したプロ
が集まった「会社」「企業」という
意味になります。

 

以下はfirmを用いた例ですが、

law firm「法律事務所」

accounting firm「会計事務所」

consulting firm「コンサルティング事務所」

 

このようにfirmは能力を持つ個人が
チームとなって仕事をすることで、

個人で業務を行うよりもメリットが
生まれるような会社を表します。

 

firmに対し、companyは利益を出す
事業を行っている会社全般に対して
用いられます。

 

corporationは、法人化された、
法律で認可されている「会社」
を表します。

 

また、companyより大規模で、
子会社をたくさん持っていたり、
関連グループが多いのも特徴です。

よって、corporationは「大企業」
という意味でも用いられます。

firmとcompanyの違い

 

firm・company・corporationの発音は、
それぞれ以下になります。

・firm

・company

・corporation

 

それでは、以下に例文を用いて
firm・company・corporationの違いと
使い方についてみていきます。

 

firmの例文と使い方

以下はfirmを用いた例文ですが、

He worked at a law firm in the UK.
「彼は、イギリスの法律事務所で働いていました。」

法律事務所は弁護士という
プロが集まった会社になるので
firmが用いられます。

 

以下も、firmを用いた例文になります。

She quit the accounting firm last month.
「彼女は、先月その会計事務所を辞めました。」

I will apply for the consulting firm.
「私は、そのコンサルティング事務所に
応募するつもりです。」

 

companyの例文と使い方

以下はcompanyを用いた例文ですが、

Her father’s company is very big.
「彼女の父親の会社は、とても大きい。」

利益を出すために従業員が集まって
事業を行っている一般的な会社には
companyを用います。

companyの例文と使い方

 

以下も、companyを用いた例文になります。

He runs his own company.
「彼は、自分の会社を経営しています。」

I wanted to work for the company.
「私は、その会社で働きたいと思っています。」

 

corporationの例文と使い方

以下はcorporationを用いた例文ですが、

SONY is a famous corporation in the world.
「ソニーは、世界で有名な大企業です。」

corporationは法律で認可されている
大きな会社を表す時に用います。

 

以下のように、corporationの省略形の
corpは会社名を表す時に用いられます。

Toyota Motor Corp. has a lot of subsidiary companies.
「トヨタ自動車株式会社は、
たくさんの子会社を所有しています。」

 

以下の例文では、firm、company、
corporationが用いられていますが

The corporation has the parent company of the consulting firm.
「その企業は、そのコンサルティング事務所の親会社です。」

コンサルティング事務所は
コンサルタントというプロが集まった
会社になるのでfirmを用い、

利益を出す事業を行っている一般的な
会社を表すので親会社にはcompanyを用い、

主語のその企業は子会社を持っている
企業になるのでcorporationを用います。

 

firmやcompanyとenterpriseの違い

enterpriseはfirm、company、
corporationをすべて含んだ、

抽象的な概念での「企業体」や
「事業」という意味になります。

enterpriseの例文と使い方

 

enterpriseの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
enterpriseの使い方をみてみます。

 

enterpriseの例文と使い方

以下は、enterpriseを用いた例文です。

TOYOTA is one of the largest enterprise in the world.
「トヨタは、世界で最も大きな事業体の一つです。」

What kind of enterprise is the company going to start?
「その会社は、どんな事業を始める予定ですか。」

 

enterpriseを用いるとfirm、
company、corporationを含む、

抽象的な概念での「企業体」
というニュアンスになります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、似た意味を持っているfirm・
company・corporation・enterpriseの
違いと使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート&メルマガ

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート