startとbeginの意味の違いと使い方を例文を用いて解説

startとbeginの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
startとbeginの違いと使い方を
例文を用いて解説します。

startとbeginの違い

startとbeginは共に
「始める」という意味で、

以下のように同じように
用いられることも多いです。

Let’s start.「始めましょう。」

Let’s begin.「始めましょう。」

 

ただし、beginのほうが
startよりフォーマルな表現となり、

startが「始める」という意味に対し、

beginは「開始する」という意味で
用いられることもあります。

We’ll start the meeting at 3 p.m.
「私達は、午後3時に会議を始めます。」

We’ll begin the meeting at 3 p.m.
「私達は、午後3時に会議を開始します。」

 

また、startは
<止まっている状態から動き出す>、

beginは<最初の一歩を踏み出す>

というニュアンスの違いから、
異なる使い方をされることもあります。

 

例えば、運動会の徒競走などでは
start line「スタートライン」と言い、
begin lineとは言いません。

これは、スタート地点で、
静止した状態から動き出すので
startを用います。

 

これに対し、「初心者」と言う場合は
最初の一歩を踏み出した人という意味で、
beginを用いてbeginnerとなります。

以下ではstartとbeginの使い方について、
例文を用いて解説していきます。

 

startとbeginの使い方と例文

以下の例文のようにstartを用いると、

I started to study English.
「私は、英語を勉強することを始めた。」

”一時休んでいたのを始めた”
というニュアンスになります。

 

これに対し、
以下のようにbeginを用いると、

I began to study English.
「私は、英語を勉強することを始めた。」

”最初の一歩を踏み出して一から始めた”
というニュアンスになります。

 

日本人の場合、
中学、高校で英語の勉強をしているので、

大人になってから「英語の勉強を始めた」
と言う場合は以下のように言います。

I started to study English.

 

ビジネスを始める場合

ビジネスや事業を始める場合は、
以下のようにstartを用います。

We will start a new business next year.
「私達は、来年新しいビジネスを始めるつもりです。」

×We will begin a new business next year.

 

機械類が作動し始める場合

そして、機械類が動き出す場合は、
以下のようにstartを用います。

The train started.
「その列車は、出発した。」

×The train began.

 

乗り物は機械類に含まれるので、
乗り物が動き始める場合は基本的に
startを用います。

 

雨が降り始めたと言う場合

以下のようにstartを用いると、

It started to rain.

ニュースなどを観て「雨が降り始めた」
という情報を知って第三者的(客観的)
に捉えて言う感じになります。

 

これに対し、
以下のようにbeginを用いると、

It began to rain.

自分が外に出た時に
実際に雨に降られて「雨が降り始めた」
と言う感じになります。

 

start+不定詞or動名詞

startの後ろには、
不定詞(to+動詞の原形)と
動名詞(動詞のing形)が置かれますが、

始めてから習慣になる動作の場合は
動名詞が用いられるようです。

 

以下のように
startの後ろで動名詞を用いると、

I started jogging.
「私は、ジョギングをすることを始めた。」

ジョギングを始めてからそれが
習慣になっていることを表します。

 

それ以外の場合は、
startを用いてもbeginを用いても
大差はないとのことです。

 

まとめ

ここではstartとbeginの意味の
違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

core・center・middleの意味
の違いを例文を用いて解説