illness・sickness・disease・disorderの違いを例文を用いて解説

illness・sickness・disease・disorderの違い

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは「病気」と似た意味を持つ
illness・sickness・disease・disorderの
違いと使い方を例文を用いて解説します。

illnessとsicknessの違い

illness・sicknessには「病気」
という意味がありますが、

illnessは長期の病気や精神障害、

sicknessは健康を損ねた状態や
原因や症状が特定できる病気

を表します。

 

よって、illnessはsicknessより
重い病気を表すことになります。

それでは、以下に例文を用いて
illnessとsicknessの違いについて
さらに詳しくみていきます。

 

illnessの例文と使い方

長期的や重い病気を表すので、
以下のようにillnessを用いると、

I can’t go to work because of illness.
「私は、病気のために仕事へ行くことができません。」

長期間、家で静養が必要だったり、
入院が必要なほど重い病気である
ことを意味します。

illnessの例文と使い方

 

重い病気ということを
明確に表したい場合には、

以下のようにillnessに「重い」
という意味のseriousを付けます。

She suffers from a serious illness.
「彼女は、重い病気で苦しんでいます。」

 

illnessは精神障害も表し、
mental illnessで「精神疾患」
という意味になります。

He has a mental illness.
「彼は、精神疾患を抱えています。」

 

sicknessの例文と使い方

sickは健康を損ねた状態を表し
illnessより軽い病気を表すので、

以下のようにsicknessと用いると、

I can’t go to work because of sickness.
「私は、病気のために仕事へ行くことができません。」

風邪などを引いて1日~2日だけ
仕事へ行けないことを意味します。

 

sicknessは、頭痛や風邪などの
軽い病気から吐き気やむかつきなど、
気分が悪い時にも用いられます。

sicknessの例文と使い方

 

よって、以下のsicknessを用いた例文は、

He was absent from school due to sickness.
「彼は、病気で学校を欠席しました。」

頭痛や風邪または吐き気やむかつきで
学校を休んだということを表します。

 

体調が悪くなったという場合には、
以下のようにget sickが用いられます。

I got sick.
「私は、具合が悪くなった。」

 

また、sicknessの形容詞の形sickは、
以下のように飲み過ぎて気持ちが悪い
という場合にも用いられます。

I feel sick because I drank too much.
「私はお酒を飲み過ぎて、気持ちが悪いです。」

 

ここまでは、アメリカ英語での
illnessとsicknessの違いになります。

 

アメリカとイギリスの違い

アメリカ英語では
illnessはsicknessより
重い病気を表しますが、

イギリス英語ではillnessを
健康を損ねた状態に用います。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

 

よって、illとsickは「病気の」
という意味の形容詞ですが、

「彼は、体調が悪い。」と言う時、

イギリスではHe is ill.と言い、

アメリカではHe is sick.と言います。

 

アメリカでHe is ill.と言うと、

「彼は、(重い)病気です。」

という意味になります。

 

このように、アメリカ英語と
イギリス英語で意味が異なるので、
使う時には注意が必要です。

 

illnessとdiseaseの違い

illnessと同様にdiseaseにも
「病気」という意味がありますが、

illnessは主観的に苦痛を感じて病気
という場合に用いられるのに対し、

diseaseは医学的に異常が確認された
病名のはっきりした病気を表します。

 

よって、diseaseは以下のように
病名に用いられることが多いです。

liver disease「肝臓病」

heart disease「心臓病」

pancreatic disease「膵臓病」

mad cow disease「狂牛病」

contagious disease「伝染病」

 

illnessとsicknessの主体は人間ですが、
diseaseの主体は臓器なので肝臓や心臓
といった臓器の病名によく用いられます。

illnessとdiseaseの違い

 

diseaseの例文と使い方

diseaseもillnessやsicknessと同様、
名詞として用いられます。

 

以下は、diseaseを用いた例文です。

She recovered from the disease.
「彼女は、その病気から回復しました。」

He is in the hospital because of heart disease.
「彼は心臓病のため、入院しています。」

 

disorderの意味と使い方

diseaseが臓器の病名を表す
ことが多いと説明しましたが、

disorderは精神的や身体的な病気、
病名を表すことが多いです。

 

以下は、disorderを用いた
病名の例と例文です。

skin disorder「皮膚病」

panic disorder「パニック障害」

 

He has s panic disorder.
「彼は、パニック障害を患っています。」

disorderの例文と使い方

 

以下のように、原因が不明の
病名にも用いられます。

Eating disorder「摂食障害」

 

効率の良い英単語の覚え方

illness・sickness・disease・disorderの
意味の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。