英語で面白いinteresting・funny・comical・intriguingの違い

interesting・funny・comical・intriguingの違い

英語で「面白い」と似た意味を持つ、
interesting・funny・comical・hilarious・
humorous・intriguing・fascinatingには、
以下のような意味の違があります。

interesting

興味や好奇心から「面白い」

funny

人を笑わせるような「面白い」

comical

見た目の意外性や他と異なり
笑えることから「面白い」

humorous

ユーモアがあって「面白い」

intriguing

不思議さや複雑さが好奇心や
興味をそそり「面白い」

hilarious

大笑いするほど凄く「面白い」

fascinating

うっとりさせる、魅惑的なという
意味から派生して凄く「面白い」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持っている
interesting・funny・comical・humorous・
intriguing・hilarious・fascinatingの違いと
使い方について例文を用いて解説します。

interestingとfunnyの違い

まず、「面白い」という意味で
よく用いられるinterestingとfunny
の違いから解説していきます。

 

interestingは、interest「興味を引く」
「興味を持たせる」という動詞から、
興味があったり好奇心から「面白い」
という意味を表します。

そして、funnyは人を笑わせるような
“奇妙さ”や“こっけいさ”から「面白い」
「おかしい」という意味を表します。

interestingとfunnyの違い

 

interestingとfunnyの発音は、
それぞれ以下になります。

・interesting

・funny

 

それでは、以下に例文を用いて
interestingとfunnyの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

interestingの例文と使い方

以下はinterestingを用いた例文ですが、

This book is interesting.
「この本は、面白い。」

この本が興味深くて面白い
ということを表します。

 

また、以下の例文のように
interestingは名詞を修飾します。

I watched an interesting movie yesterday.
「私は昨日、面白い映画を観た。」

 

この文のinterestingは、
「面白い」→「映画」と
名詞のmovieを修飾しています。

 

funnyの例文と使い方

以下はfunnyを用いた例文ですが、

He told me a funny story.
「彼は、私におかしい話をした。」

私を笑わせるようなこっけいな
話をしたことを表します。

 

また、以下のfunnyを用いた例文は、

He is funny.「彼は、面白い。」

彼は人を笑わせるようなことをする
性格であることを表します。

 

このように、interestingと同様、
funnyもSVCのC(補語)に置かれたり
名詞を修飾します。

 

comicalとhumorousの違い

funnyは、人を笑わせるような
奇妙さやこっけいさから「面白い」
という意味でした。

これに対し、comicalは“他との違い”
“見た目の意外性”から笑える場合に、
「面白い」や「こっけいな」という
意味で用いられます。

 

そして、humorousは「ユーモア」
という意味のhumorの形容詞で、
「ユーモアのある」や「おかしい」
という意味になります。

comicalの例文と使い方

 

comicalとhumorousの発音は、
それぞれ以下になります。

・comical

・humorous

 

それでは、以下に例文を用いて
funnyとの違いと合わせてcomicalと
humorousの使い方をみていきます。

 

comicalの例文と使い方

以下はcomicalを用いた例文ですが、

His today’s costume is comical.
「彼の今日の衣装は、こっけいだ。」

彼の今日の衣装が普段と違ったり、
他の人と異なり、見た目の意外性から
笑える感じで面白いことを表します。

 

衣装の奇妙さやこっけいさから
笑えて「面白い」という場合は、
以下のようにfunnyを用います。

His today’s costume is funny.

 

funnyが単に笑えるという感じ
の時に用いられるのに対して、

comicalは見た目の意外性や
他との違いが含まれる場合に
用いられます。

 

humorousの例文と使い方

以下はhumorousを用いた例文ですが、

Her cartoon is humorous.
「彼女の漫画は、ユーモアがある。」

彼女が書く漫画はユーモアがあり
面白いことを表しています。

 

彼女が人を笑わせるような
漫画を描く漫画家の場合は、
以下のようにfunnyを用います。

Her cartoon is funny.

 

見た目の意外性や他と異なることから
人を笑わせるような面白さがある場合、
以下のようにcomicalを用います。

Her cartoon is comical.

comicalとhumorousの違い

 

intriguingとinterestingの違い

interestingは好奇心や興味から
「面白い」という意味を表し、

intriguingは好奇心や興味をそそり
「面白い」という意味で似ています。

 

ただ、intriguingは不思議さや
複雑さが興味をそそりさらに知りたいと、
interestingより興味深い感じになります。

 

intriguingの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
interestingとの違いと合わせて
intriguingの使い方をみてみます。

 

intriguingの例文と使い方

以下はintriguingを用いた例文ですが、

The result of the experiment is intriguing.
「その実験の結果は、興味深い。」

その実験の結果が複雑だったり、
不思議さがあって“興味をそそり”
さらに知りたくなるようなものである
ということを表します。

 

これに対し単に興味深いという場合は、
以下のようにinterestingを用います。

The result of the experiment is interesting.

intriguingを用いると、interestingより
好奇心が強い感じを表します。

 

hilariousの意味と使い方

hilariousは、大笑いをするほど
「凄く面白い」という意味です。

hilariousの意味と使い方

 

hilariousの発音は、以下になります。

 

以下はhilariousを用いた例文ですが、

His speech was hilarious.
「彼のスピーチは、凄く面白かった。」

彼のスピーチが大笑いするほど
非常に面白かったことを表します。

 

fascinatingの意味と使い方

fascinatingは「うっとりさせるような」
「魅惑的な」という意味から派生して、
「凄く面白い」という意味もあります。

 

fascinatingの発音は、以下になります。

 

以下はfascinatingを用いた例文ですが、

There are fascinating art objects at the art museum.
「その美術館には、魅惑的な美術品がある。」

その美術館にはうっとりさせるような
美術品が展示されていることを表します。

 

fascinatingは「凄く面白い」
という意味も持っていますが、
どちらかというと「凄く美しい」
という意味のほうが合っています。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、interesting・funny・
comical・humorous・hilarious・
intriguing・fascinatingの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート