与えるを英語で!give・feed・award・reward・conferの違い

give・feed・award・reward・conferの違い

英語で「与える」を表すgive・
feed・award・reward・conferは、
それぞれ使い方が違います。

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
give・feed・award・reward・conferの違い
と使い方について例文を用いて解説します。

giveとfeedの違い

giveは、「与える」という意味で
一般的に広く用いられます。

feedは、食べ物や餌を人や動物に
「与える」という意味です。

giveとfeedの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
giveとfeedの違いや使い方について
詳しくみていきます。

 

giveの例文と使い方

以下はgiveを用いた例文ですが、

I’ll give the book to him.
「私は、彼にその本をあげるつもりです。」

誰かに何か物を与えるという場合は
一般的にgiveを用います。

 

また、giveは以下の例文のように、

He gave a presentation in public.
「彼は、人前でプレゼンをした。」

She gave a good advise to them.
「彼女は、彼らに良いアドバイスをした。」

give a presentationで
「プレゼンをする(与える)」や

give an adviseで
「アドバイスをする(与える)」
といった意味でも用いられます。

 

giveの過去形はgave、
過去分詞形はgivenで
それぞれ発音は以下になります。

 

英語で「プレゼントする」と言う時に、
giveとpresentのどちらを用いるのか?
については以下で解説しています。

 

feedの例文と使い方

以下はfeedを用いた例文ですが、

My son feeds dog food to our dog everyday.
「私の息子は、毎日(ペットの)犬に
ドッグフードをあげます。」

動物に餌を与えるという場合は
feedを用います。

 

feedは、以下の例文のように、

She fed her children
because they said “we’re hungry”.
「“お腹が空いた”と言ったので、
彼女は子供達に食べ物をあげた。」

人に食べ物を与えるという場合にも
用いられます。

 

feedの過去形と過去分詞は共にfedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

awardとrewardの違い

awardは、審査などをして
よく考えた上で物やお金を賞として
「与える」という意味です。

rewardは、人の功労などに報いる形で
賞与や褒美を「与える」という意味です。

awardとrewardの違い

 

awardは審査をして賞を与える、
rewardは功労に報いる形で賞を与える
という感じで使い分けます。

 

それでは、以下に例文を用いて
awardとrewardの違いや使い方
について詳しくみていきます。

 

awardの例文と使い方

以下はawardを用いた例文ですが、

Our boss awards a prize to one of us every month.
「私達の上司は毎月、私達の一人に賞を与える。」

審査などをしてよく考えた上で
賞を与えたことを表します。

 

そして、awardは以下のように、

Our boss awarded him a prize.
「私達の上司は、彼に賞を与えた。」

award O1 O2で「O2にO1を与える」
という意味の第4文型の形を作ります。

 

awardの過去形と
過去分詞は共にawardedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

rewardの例文と使い方

以下はrewardを用いた例文ですが、

The president rewarded employees for their work.
「社長は、彼らの仕事に対して
従業員に褒美を与えた。」

彼らの仕事に報いる形で褒美を与えた
ということを表します。

 

そして、この例文のように、
rewardは与える物を目的語に置かなくても
reward 人 という形で「人に褒美を与える」
という意味になります。

 

rewardの過去形と
過去分詞は共にrewardedで、
それぞれ発音は以下になります。

 

conferの意味と使い方

conferは、贈り物や名誉などを
人に「与える」という意味です。

「授与する」という意味もあるように、
awardやrewardより硬い感じになります。

 

それでは、以下に例文を用いて
conferの使い方をみてみます。

 

以下はconferを用いた例文ですが、

The Prime Minister conferred the medal on him.
「首相は、彼にメダルを授与した。」

awardやrewardよりフォーマルな感じで
与えるという場合にconferを用います。

 

conferの過去形と
過去分詞は共にconferredで、
それぞれ発音は以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、give・feed・award・
reward・conferの違いと使い方
について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ