inform・notify・announceの違い!英語で知らせるの使い方

notify・inform・announceの違い

英語で「知らせる」を表す
inform・notify・announceは、
以下のような違いがあります。

inform

口頭や書面で「知らせる」

notify

informより硬いニュアンスで、
重要なことを正式に「知らせる」

announce

公式に何かを発表するという
意味での「知らせる」

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすい
ので、

ここでは似た意味を持つinform・
notify・announceの違いと使い方
についてを例文を用いて解説します。

また、「知らせる」に近い意味を持つ
warnとadviseについても解説します。

informとnotifyの違い

informは、口頭や書面で何かを
「知らせる」という意味を表し、

notifyはinformより硬い感じで、
重要なことを正式に「知らせる」
「通知する」という意味です。

informとnotifyの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
inform・notifyの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

informの例文と使い方

以下はinformを用いた例文ですが、

He informed his boss of his schedule.
「彼は、上司に彼の予定を知らせた。」

口頭または書面で彼の予定を上司に
報告した(知らせた)ことを表します。

 

inform O of ~ で、「Oに~を知らせる」
という意味になります。

 

そして、inform O about ~ で、
「Oに~について知らせる」という
意味になります。以下は例文です。

Our boss will inform us
about the next meeting tomorrow.
「私達の上司は、次の会議について
明日私達に知らせるだろう。」

 

inform ofは1つのことを
知らせたという感じになり、

inform aboutはaboutの後ろに
置かれていることについて、

色々な情報を知らせたという
ニュアンスになります。

 

よって、一つ目の例文は彼の
予定だけを知らせた感じになり、

二つ目の例文は会議の場所や
開始時刻、参加者など色々な
情報を知らせた感じになります。

 

また、inform O that ~ で
「Oに~ということを知らせる」
という意味になります。

I informed her that the meeting starts at 3 p.m.
「私は、その会議が午後3時に始まる
ということを彼女に知らせた。」

 

以下のように、inform+疑問詞
という形もあります。

Please inform me when the good will arrive.
「いつその商品が到着するのか私に知らせて下さい。」

 

informの発音は、以下になります。

 

notifyの例文と使い方

以下はnotifyを用いた例文ですが、

The court notified him to appear in court.
「裁判所は、彼に出廷することを通知した。」

裁判所が文書などで彼に出廷するよう
正式に知らせたことを表します。

 

この例文のように、notify O to doで
「Oに~するよう知らせる(通知する)」
という意味になります。

また、informと同じように、
notify O of ~ で「Oに~を知らせる」、
notify O that ~ で「Oに~ということを
知らせる」という意味になります。

 

以下は、notify O of ~ と
notify O that ~ 例文です。

He will notify you of the accident.
「彼は、その事件のことを
あなたに知らせるだろう。」

Our boss notified us 
that we would have a meeting tomorrow.
「上司は、明日会議があることを
私達に知らせた。」

 

このようにnotifyを用いると、
informより正式な形で重要なことを
知らせるという感じになります。

 

notifyの発音は、以下になります。

 

notifyとannounceの違い

notifyは、何か重要なことを
正式に知らせるという意味ですが、

announceは公式に何かを発表して
「知らせる」という意味になります。

notifyとannounceの違い

 

それでは、以下に例文を用いて
notifyとannounceの違いと使い方
について詳しくみていきます。

 

announceの例文と使い方

以下はannounceを用いた例文ですが、

The government announced us of the next fiscal budget.
「政府は、私達に来年度の予算を発表した。」

政府が私達に、来年度の予算を
公式に知らせたことを表します。

 

国の来年度予算は公式に発表されるので、
announceが適しています。

 

これに対し、公式な発表ではなく、
文章などで正式に知らせる場合は
以下のようにnotifyを用います。

The company notified her 
that there would be an interview next Friday.
「その会社は、来週の金曜日に
面接があることを彼女に通知した。」

 

この例文は、文書などで正式に
来週面接があることを彼女に知らせた
ということを表します。

 

そして、announce that ~ で、
「~ということを発表する(知らせる)」
という意味になります。

The musician announced that
he would get married.
「そのミュージシャンは、
結婚することを発表した。」

 

announceの発音は、以下になります。

 

warnとadviseの意味と使い方

「知らせる」に近い意味を持つ、
warnとadviseの使い方について
以下に解説します。

 

・warn

warnは、「警告する」という意味での
知らせるという意味になります。

 

以下は、例文です。

He warned me that it was dangerous.
「彼は、私にそれは危険だと警告した。」

 

warnの発音は、以下になります。

 

・advise

adviseは、「忠告する」という意味と、
正式・公式に何かを「知らせる」という
意味もあります。

 

「知らせる」という意味のadviseは
非常に硬い表現になり、以下のように
ビジネスシーンで用いられます。

We advised them that we accepted their offer.
「私達は、彼らに彼らの申し出を受ける
ということを(正式に)知らせた。」

 

adviseの発音は、以下になります。

 

効率の良い英単語の覚え方

ここでは、「知らせる」を表す
inform・notify・announceの違いと
使い方について解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

 

学んだ英単語を使って日記を書くと、
早く記憶することができます。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート