big・large・huge・enormousの違いを例文を用いて解説

big・large・huge・enormousの違い

 

脳に関連した情報をセットで
入力すると記憶しやすいので、

ここでは似た意味を持っている
big・large・huge・enormousの違い
と使い方を例文を用いて解説します。

bigとlargeの違い

bigは、

かさ・重さ・程度が「大きい」

ということを表します。

 

例としては、

big tree「大きな木」、
big mistake「大きなミス」、
big building「大きな建物」、
big business「大事業」

などがあります。

 

bigに対しlargeは、

容積や量が「大きい」

ということを表し、

large amount「たくさんの量」

といった使い方があります。

 

しかし、

英語圏に滞在している方の感覚だと、

big「(かさ・重さ・程度が)大きい」
large「(容積や量が)大きい」

というより、

bigは主観的、largeは客観的に大きい
という場合に用いるようです。

 

bigとlargeの使い方

bigは主観的、largeは客観的に
大きいということを表しますが、

ここからはbigとlargeの使い方を
例文を用いて解説します。

 

例えば、会話している時、
以下のように言う場合は、

「あれは大きなビルだね。」

 

ビルが大きいというのは
話し手の主観になるので
以下のようにbigを用います。

That’s a big building.

 

これに対し、
largeは淡々とした説明など、
客観的な表現になります。

 

よって、以下のように言うと、

That’s a large building.

客観的な表現になるので
誰が見ても大きなビルである
ことを表します。

 

他には、服のサイズは
large(L)と書かれていますが
客観的なことだからです。

 

その後、Lサイズを試着してみて
以下のように主観が入る場合は、

「これは自分には大きい。」

 

以下のようにbigを用います。

This is big for me.

 

hugeとenormousの使い方

また、bigやlargeより大きい時は、
hugeやenormousを用います。

 

hugeは「非常に大きい」、
enormousは「並外れて大きい」
という意味を持ち、

big・large<huge<enormous
の順に大きいことを表します。

 

以下はhugeとenormous
を用いた例文ですが、

That building is huge.
「あの建物は、非常に大きい。」

That building is enormous.
「あの建物は、並外れて大きい。」

hugeよりenormousのほうが
大きいことを表します。

 

また、hugeとenormousは
主観的・客観的どちらの場合も
用いることができます。

 

まとめ

big・large・huge・enormousの意味
の違いと使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では「聞く」「聞こえる」と似た
意味を持つhear・listen・soundの違い
を例文を用いて解説していますので、
参考にして頂ければと思います。