big・large・wide・huge・enormous・massiveの違いと使い方

big・largeは「大きい」
という意味を表すのに対し、

wideは大きさではなく、
幅が「広い」という意味です。

huge・enormous・massiveは、
「巨大な」という意味です。

 

そして、big・largeは「大きい」、
huge・enormous・massiveは
「巨大な」と意味が似ていますが、
それぞれニュアンスが違います。

 

そこで、似た意味を持っている
big・large・huge・enormous・
massive・wideの違いと使い方を
例文を用いて詳しく解説します。

big・large・wideの違い

bigは、かさ・重さ・程度が
「大きい」ことを表します。

 

bigの使い方としては、

big tree「大きな木」

big building「大きな建物」

big problem「大きな問題」

などがあります。

 

また、bigは重みや重要度も表し、
以下のような使い方もされます。

big business「大事業」

big mistake「大きなミス」

 

bigに対しlargeは、

容積(広がり)や量が「大きい」

ということを表し、

large amount「たくさんの量」

といった使い方があります。

 

しかし、英語圏の方の感覚だと、

big「(かさ・重さ・程度が)大きい」
large「(容積や量が)大きい」

というより、bigは主観的に大きい、
largeは客観的に大きいという場合に
用いるようです。

bigとlargeの違い

 

bigとlargeは大きさを表しますが、
wideは幅が「広い」というように
広さに対して用います。

 

それでは、以下に例文を用いて
big・large・wideの使い方について
詳しくみていきます。

 

big・largeの例文と使い方

例えば以下のように言う場合、

「あれは、大きなビルだね。」

 

以下のようにbigを用いると、

That’s a big building.

“かさや重さが”大きいという
ことを表します。

 

以下のようにlargeを用いると、

That’s a large building.

“容積や量が”大きいという
ことを表します。

 

しかし、英語圏では一般的に
bigは主観的、largeは客観的に
大きいということを表すので、

 

ビルが大きいと言う時に
それが話し手の主観なら、
以下のようにbigを用います。

That’s a big building.

 

これに対し、
largeは淡々とした説明など、
客観的な表現になります。

 

よって、以下のように
largeを用いて言うと、

That’s a large building.

客観的な表現になるので
誰が見ても大きなビルである
ことを表します。

big・largeの例文と使い方

 

他には、服のサイズは
large(L)と書かれていますが
客観的なことだからです。

The size of this shirt is large.
「このシャツのサイズは、Lです。」

 

その後、Lサイズを試着してみて
以下のように主観が入る場合は、

「これは、自分には大きい。」

 

以下のようにbigを用います。

This is big for me.

 

wideの例文と使い方

bigやlargeの“大きい”に対し、
wideは以下の例文のように
“幅が広い”ことを表します。

The road is wide.
「その道路は、幅が広い。」

 

英語で「広い」という意味は
wideの他にvastとbroadがあり、
wide・vast・broadの違いについては
以下で詳しく解説しています。

 

big・largeとhugeの違い

hugeは「非常に大きい」や
「巨大な」という意味を持ち、
bigやlargeより大きいことを表します。

big・largeとhugeの違い

 

hugeの発音は、以下になります。

 

それでは、以下に例文を用いて
hugeの使い方をみていきます。

 

hugeの例文と使い方

よって、以下のように
hugeを用いて言うと、

This mountain is huge.
「この山は、すごく大きい。」

 

以下のようにbigを用いるより、
山が大きいことを意味します。

This mountain is big.
「この山は、大きい。」

 

以下のようにvery bigを用いると、

This mountain is very big.
「この山は、とても大きい。」

「とても大きい」ことを表しますが、
hugeを用いると「巨大な」とさらに
大きいニュアンスになります。

 

huge・enormous・massiveの違い

enormousは「並外れて大きい」と、
hugeより大きいことを表します。

 

よって、以下のような順番で、
enormousが一番大きくなります。

big・large<huge<enormous

 

massiveは単に大きいではなく、
重くてどっしりした感じで「大きい」
というニュアンスを表します。

massiveの意味と使い方

 

enormousとmassiveの発音は、
それぞれ以下になります。

・enormous

・massive

 

それでは、以下に例文を用いて
enormousとmassiveの使い方を
みていきます。

 

enormousの例文と使い方

以下はenormousを用いた例文ですが、

That mountain is enormous.
「あの山は、並外れて大きい。」

 

以下のようにhugeを用いるより
enormousを用いたほうが大きい
ということを表します。

That mountain is huge.
「あの山は、すごく大きい。」

 

そして、hugeとenormousは
主観的・客観的どちらの場合も
用いることができます。

 

massiveの例文と使い方

以下はmassiveを用いた例文ですが、

The rock is massive.
「その岩は、大きい。」

岩の大きさが大きいだけでなく
どっしりとした感じで重そうな
ことを表しています。

 

効率の良い英単語の覚え方

big・large・wide・huge・
enormous・massiveの違い
と使い方を解説しましたが、

脳は関連した情報を一緒に覚えると
記憶しやすいことが分かっているので、

類義語をまとめて覚えると効率よく
英単語を記憶することができます。

 

以下では、脳の特性に沿って効率よく
英単語を覚える方法を解説しています。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート


自宅でできる英会話の教科書

↓無料で購読できます↓


※@icloud.comのアドレスは、メールが届かないことがあります。

≫自宅でできる英会話の教科書の詳細へ