英会話教室は効果なし?意味がない理由を脳科学的に解説

英会話教室は効果なし

英語のスピーキングを上達させるには、
英語を話す練習をすることが大切です。

英語で会話できる外国人の友達がいれば
英語を話す機会がたくさんありますが、
いない場合は難しいと思います。

 

そのため、日本にいる多くの日本人は
英語を話す機会を作るために学費が高い
英会話教室に通います。

しかし、時間とお金を使って
英会話教室に通っても多くの日本人は
英語を話せるようになりません

 

私も英会話を始めた時に、
2年間で約50万円も払って
英会話教室に通いましたが、

満足に英語を話せるように
なりませんでした。

 

なぜこのようなことが起きるのか?

ここでは、脳科学の観点から大人が
英会話教室で効果が得られない理由と、

どうしたら英会話を習得できるのか
について解説したいと思います。

英会話教室の効果がない理由

英会話教室に通っても、
外国人と英語で少し話すだけで
効率よく英会話を習得する方法は
教えてもらえません。

それは、英会話教室は生徒に長く通って
もらうことで経営が成り立つからです。

英会話教室は効果なし

 

よって、なんとなく英会話教室に通うと、
以前の私のように何十万円というお金を
ムダにすることになるので要注意です!

以下に、英会話教室で効果が得られない
理由を解説しますので必ずお読み頂き、
時間とお金をムダにしないで下さい。

 

脳の特性に沿っていない

多くの日本人が英会話教室へ通っても
思った効果が得られない大きな理由は、
英会話教室ではネイティブの先生が言う
フレーズを丸覚えするだけだからです。

 

左脳が発達しきる13才位で
丸覚えができなくなるので、
英会話教室の丸覚えの教え方では
大人は上達しないのです。

 

丸覚えができなくなる代わりに、

13才位からは物事を論理的に理解して
覚えるようになるのでまず英文法を理解し、

大人は英文法を使って英文を組み立てて
話す練習をする必要があります。

 

しかし、小さい時から英語に触れて
自然に英語を習得したネイティブ講師は、
外国人が分かるように英文法を論理的に
教えることはできません。

これは、私達日本人が日本語の文法を
外国人に分かりやすく論理的に教える
ことができないのと同じです。

 

私はカンボジアの日本語学校で、

カンボジアに日本語を教える
ボランティアをしたことがありますが、

生徒に主語に付ける「は」と「が」の違いを
質問されても論理的に説明できませんでした。

 

逆に、文法を学んで日本語をマスターした
カンボジア人の先生のほうが日本語の文法を
分かりやすく教えることができました。

よって、大人、特に初心者は外国語として
英語を英文法から学んだ先生から学ぶことが
早く上達するポイントになります。

 

練習の順番が間違っている

また、例えば野球が上手くなりたい時に
いきなり試合をしても負けてしまうように、
英会話でもいきなり他に人と会話をすると
上手く会話ができず自信を失くします。

 

まずは、野球のルールを学びます。

その後、キャッチボールや素振りをし、
守備や打つ練習をして基礎を身につけてから
練習試合をして本番の試合に臨みます。

 

これと同じように、英会話もまずは
スピーキングとリスニングの練習をして、
ある程度自信をつけてから会話というように
ステップしていくことが必要です。

 

初心者がいきなり英会話教室へ通うのは、

野球だとボールを投げる、打つといった
基礎がないのに試合をするようなもので、

負けて自信を失くしてしまうのは当然です。

 

そこで、英会話でも投げる、打つのように、
リスニングとスピーキングの練習をしてから
練習試合に当たる英会話のレッスンをして、

最後に公式戦に当たる外国人と英会話という
ステップを踏むことでスムーズに上達します。

 

英会話習得の正しいステップ

ここでは、英会話を習得するための
正しい順番について解説します。

正しい英会話習得法

 

ステップ1:英文法を学ぶ

上で、日本人の大人が外国語として
英語を習得する場合、ルールである
まずは英文法をマスターすることが
必要なことはお伝えしました。

 

ただ、英文法は外国語として
英会話を習得した日本人から
学ぶことをお勧めします。

それは、日本人に分かりやすいように、
英文法を解説できる外国人はなかなか
いないからです。

 

特に、初心者が英語で英文法の説明を
聞いても理解できないでしょう。

そして、レッスン中に分からないこと
があった時に英語で質問できない方は、
外国人の英文法のレッスンを受けても
効果が出ないでしょう。

 

そこで、特に初心者は、英文法を
日本人から学ぶことをお勧めしますが、
英会話教室は価格が高いです。

週1回グループレッスンを受けるだけで
月1万円以上するところがほとんどです。

 

中学・高校で一度学んでいるので
英文法は復習するだけで良いのですが、
参考書は解説が不十分で分かりにくかったり
1000円から2000円ですがお金もかかります。

私も学校の教科書や市販の参考書で
英文法を学んで理解できないところもあり、
英文法を理解するのに苦戦しました。

 

そんな経験から初心者でも分かるように、
参考書より分かりやすい解説を心がけて
私が塾で英語を教えている時に作成した
無料の英文法解説サイトを紹介します。

参考書の行間まで詳しく解説しており、
今まで理解できなかった英文法もきっと
理解できるようになると思いますので、
ぜひ以下のサイトを一度ご利用下さい。

参考書より分かりやすい英文法解説

 

ステップ2:リスニングの練習

英文法をマスターしたら、
次はリスニングの練習をします。

これは、私達が日本語を習得する時、
リスニングから入るのと同じように
英語だけでなく言語を習得する時の
正しい順番だからです。

 

そして、今お持ちのCD付きの
書籍やリスニング教材を使って、
英語のリスニングを上達させるコツを
以下で詳しく解説しています。

 

以下では、リスニングの練習をしながら
英単語が覚えられて、スピーキング上達の
土台作りにもなる練習法を解説しています。

 

ステップ3:スピーキングの練習

ある程度、聞き取れるようになったら、
今度は英語で言いたいことを言う練習
に入ります。

ステップ2の練習をして頂くと、
ステップ3の練習で英語を話す時に
口が動きやすくなるのでお勧めです。

 

まず、左脳が発達しきった大人は、
聞き流しやただ聞いているだけで
英語を話せるようにはなりません。

左脳が発達しきっている大人の脳は
論理的に物事を理解して覚えるので、
英文法を使って組み立てて英語を話す
練習をする必要があります。

 

しかし、ここで言う英文法とは
高校で勉強した難しい英文法ではなく、
英会話で使うのは以下の5文型です。

第1文型:S+V
第2文型:S+V+C
第3文型:S+V+O
第4文型:S+V+O+O
第5文型:S+V+O+C

S:主語 V:動詞 C:補語 O:目的語

 

この5つの英語の形に知っている
英単語をはめて英文を作る練習すれば、
英語のスピーキングは上達します。

ただ、英文を作る時に日本語と
英語の文の形が大きく異なる点に
注意する必要があります。

 

例えば、日本語は以下のように
動詞が文の最後にきます。

「私は、そのレストランでピザを食べた。」

 

この文を英語にすると
以下のようになりますが、

I ate a pizza at the restaurant.

動詞は主語の次にきます。

 

また、英語はI ate a pizzaという
並び順でないと意味が通じませんが、

日本語は「私はピザを食べた」の他に、

「私は食べた、ピザを。」や
「ピザを食べた、私は。」と、

並び順を変えても意味は通じます。

 

このように、日本語は文を作る時に
単語の並び順に自由度がありますが、
英語はS+Vという並び順を変える
ことはできません。

日本人がスムーズに英文を
作ることができないのは、
この英語と日本語の文の形の違いが
大きな原因になります。

 

よって、日本人の大人が早く
英語を話せるようになるには、
英語のS+V+~というシンプルな文を
作る練習をすることが必要になります。

 

例えば、以下のように
目に入ってきた人の動作や
物を表す英文を作ったり、

He is walking.
「彼は、歩いている。」

 

以下のように、自分の行動を表す
英文を作って言ってみます。

I finished my homework.
「私は、宿題を終えた」

 

この時、分からない英単語があったら、

自分がすでに知っている英単語で言える
日本語の文を考えてから短い英文を作る
という練習を繰り返すと、

英語のスピーキング力は上達します。

 

また、近くに英会話を習得したい
友達がいたら以下の練習もすると、
さらに効果的です。

 

それは、テーマ・トピックを決めて
受け答えをする練習です。

そして、昨日の出来事など、テーマを決めて
トピックを絞って英会話の練習をすることで
反射的に英語で受け答えができるようになり、
スピーキング力が劇的にアップします。

 

例えば、二人でペアになってAさんが

What did you do yesterday?
「あなたは、昨日何をしましたか。」

と質問をして、Bさんが

I went to school.
「私は、学校へ行きました。」

と回答をするという感じです。

 

この回答に対してAさんは

Where is the school?
「その学校は、どこにありますか。」

と質問をして、Bさんは

It is in Shinjuku.
「それは、新宿にあります。」

と会話を続けていきます。

 

さらに会話を続ける場合は、
例えば以下のようになります。

A:When did you start it?
「あなたは、それをいつ始めましたか。」

B:I started it two years ago.
「私は、2年前にスタートしました。」

 

最初は、What did you do yesterday?や
What did you do last weekend(先週末)?
といった質問をして過去形の練習をして、

次は、What will you do tomorrow?
「あなたは、明日何をするつもりですか。」
という質問をして未来について会話する
というように時制も変えていきます。

 

このようにして、英語を聞く・話す
という基礎ができるようになったら、
外国人と英会話の実践練習をします。

 

ステップ4:英会話の練習

英語を聞く、話す基礎を身につけたら、
最後に外国人と英会話の練習をします。

オンライン英会話も月額料金が安いですが、
使い続ければそれなりにお金はかかします。

 

そこで、無料かつ無制限に、世界中の
外国人と英会話の練習をする方法を学べ、

英会話教室へ通ったりオンライン英会話
を使うより圧倒的にお金の節約にもなる
オンライン英会話スクールを紹介します。

 

このオンライン英会話スクールでは、

まずネイティブ感覚の英文法を学び、

次に英文法を使って短い英文を作って
英語で言いたいことを言うテクニックも
学ぶことができます。

 

これは、ここで紹介したステップ1と
3に当たります。

 

そして、僕が開発した5万円の
脳科学と心理学を応用した英会話習得法の
オンライン講座を特典としてお付けします。

こちらでは、英会話の上達を加速させる
脳科学と心理学の知識を学んで頂ける他、
ステップ2のリスニング練習法もさらに
詳しく解説します。

 

オンライン英会話スクールと特典の
詳細は、以下のページをご覧下さい。

毎日5分英文法!無料レポート

主要英文法の解説を27ページにまとめた
無料レポートの詳細はこちら

毎日5分英文法の無料レポート